メンズ

三井住友海上火災保険の加入前はチェックが大事|後悔しない保険選び

賢くお金を守る

説明

利益の多い会社の社長は節税対策のために、高級車や不動産を購入するということはよく耳にします。しかし、自動車や物件を購入したからといって、税金を効率よく減らせているわけではありません。また、従業員にボーナスを出しても、もらえるのが当たり前という感覚の人が多く、利益を上げるために試行錯誤している経営陣にはボーナスはありません。そこで、経営陣はどうやって一生懸命稼いだ利益を守るのか、税理士や金融機関に相談する人が多いのです。この相談で現在一番多い提案が生命保険による節税対策になっています。その大きな理由としては、期末すれすれに大きな金額を支払うことが可能だからです。生命保険の良いところは、臨機応変に対応してくれるところです。保険にもいろいろと種類はありますが、保険料を全額損金として費用を計上することができる場合が多いです。また、貯蓄性の高い保険の場合でも保険料の半分は損金として計上できるでしょう。そのため、会社の決算の最終平日に大きな金額の保険に加入し、節税対策することが可能なのです。そうすることで、節税対策に合理的で将来の資産の形成もできます。そして、他の税金対策との違いはとてもまっとうな方法というところです。多くの企業の節税対策は完璧に合法とは言い難いものがたくさんあります。在庫調整や系列会社に利益を分けるなどということをよく聞きますが、気持ちが良いものではありません。そこで、生命保険を活用してすっきりしましょう。